1 2 3 4 5 .. 次のページ »

急性心不全について知っておきたい事とは???





突然死の中でもっとも多い

急性心不全の予兆は7?

著名人の死などをキッカケに突然死への注目度が否が応でも
高まってきています。

大杉漣さんには謹んでお悔やみ申し上げます....



突然死と言われるとおり「予期しない突然の病死」。
そして、医学的には「発症から24時間以内に死亡に至る」ものを言うそうです。

突然死の中でも最も多いのが急性心不全と言われています。


発症後救急車で搬送されても、短時間で心肺停止に至った場合は
組成は困難という。





急性心不全の予兆は?


では、予兆があるのでしょうか?

予兆があれば大事に至るのをある程度防げるかと思うのですが。


どうやら、急性と言われるように突然やって来るため防ぎようは
ないようです。

それには普段から健康的な生活を心がけるのが一番。

いつも、血液をサラサラにしておくよう食習慣に気を配りましょう。


血液がサラサラでないと、
「心臓が何らかの理由で急減に動かなくなり、循環状態に病的な
影響を及ぼす」からです。

すなわち、血管を流れる血液がうまく流れなくなります。



更に全身に血液を送る役目を担っている心臓というポンプが故障したため
血液を循環させることができなくなる訳です。

これは即「死」を意味します。



急性心不全を引き起こす要因



これはズバリ!
「高血圧・糖尿病・高コレステロール血症や高脂血症」と言った
三大危険因子と言われる脂質代謝異常から、「風邪等の感染症」
「アルコール」「ストレス」と言った非常に多くのものが複合的に
絡んできます。

なんと言っても突然死の中でも最も多いと言われているのがこの
「急性心不全」です。

では、普段の生活で急性心不全を引き起こさないためには
どうしたらよいのでしょうか?



急性心不全の予防法



心不全を引き起こす要因が一つとは限らず完全に予防するのは
難しいと言われていますが、その状態に陥るリスクを減らす事は
できます。

要は三大危険因子である「高血圧」、「糖尿病」、「脂質代謝異常」
を減らしてやればいいのです。

そのためには、
・定期健康診断は必ず受診する。
・年に数回は血圧測定をする。
・塩分摂取は出来るだけ少なくする。
・肥満は大敵。
・禁煙。
・ストレスを貯めない。
・スポーツを適度に生活の中に取り入れる。
・お酒を飲むより以上に水を取り入れる。

と言った健康的な生活を心がけましょう。




突然死で悲しむのは貴方ではないのです。












-->
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top