1 2 3 4 5 .. 次のページ »

やばいよ!やばいよ!電動バイク E-Vino



e-Vinoその3.jpg




相変わらずの日本のマスゴミは「森(モリ)」だ「加計(カケ)だと
大騒ぎしていますが、「蕎麦(ソバ)」だけにのびたら不味いって(笑


これだけ大騒ぎしても後1週間もすれば国民の大多数は忘れてしまうって。


時の流れに身を任せ♪〜


じゃないけれど、「そのうちに・・」「うやむやに・・」「喉元過ぎれば・・」
ってな感じでの幕引きを狙っているのがミエミエの自民党。

出来レースだってのはネットで調べればわかりますから。


あとは、来月の選挙をどう乗り切るのかで頭が一杯でしょうね。


悲しいかな政治なんて所詮んこんなもの。



で、何か楽しいことないかなぁ〜
なんて思っていたらありましたよ。



やや遅きに失した感はありますが

出川哲朗の冠番組がスタートしましたね(*^^*)

個人的には体を張ったリアクション芸人としての立ち位置が好きです。


そんな出川の哲っちゃんの冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?
がスタートしましたね


電動バイクで旅をするという至極単純な内容ですが
「電動バイクでニッポンを縦断する人情すがり旅!」
をキャッチフレーズに出川哲朗がゲストと共に電動バイクに跨り
行く先々でバッテリーの充電をお願いしながら旅をしていく番組。


今回はそんな出川哲朗さんと電動バイクについて調べて見ました。




出川哲朗さんのプロフィール



今やリアクション芸人としての位置を不動のものとした感のある
出川哲朗さんですが簡単にプロフィール・経歴をご紹介。


生年月日:1964年2月13日(現在54歳)
出身:神奈川県 横浜市
身長:159p
体重:74kg
血液型:B型
学歴:横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)演劇科卒業
趣味:映画観賞
配偶者:阿部瑠里子(2004年〜)
芸歴:俳優として「男はつらいよ」第37作〜第41作に出演。
所属:マセキ芸能社




出川哲朗さんの体を張った一流リアクション芸人として今やバラエティー番組
には欠かせない存在となっています。

そして、テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」で初の冠番組
を持つ。

尚実家は、老舗海苔問屋 鳶金商店で自信も取締役を勤めています。




そもそも電動バイクってなに?



電動とつくと思い出すのが「電動アシスト自転車」ですね。

今や主婦の強い味方。

このアシスト付きの自転車のお陰で50ccバイクの売れ行きが
落ち込んでるそうですね。

なんたって、免許不要ですから。


そんな折に登場してきたのが電動バイク!

その名の通り100%モーター駆動式バイクです。


今や車もハイブリッドの時代。
ハイブリッド自動車といえばモーターアシストが普通。

今まさに開催されている三大自動車レースの一つである
「ル・マン24時間レース」でもハイブリッド車が活躍しています。


残念ながら、トヨタは今年も苦渋のレースになりそうですが・・・


そんな電動バイクですが、調べたら結構の数・種類があるんですね。


最も身近な「原付一種」で乗れるものでも金額で言えば
キリが50万円に近いものから10万円台と幅広くあります。

普通免許で乗れるもの魅力。
しかも、車検なし、税金・保険もめちゃ安、登録手続き簡単、改造自由。

とくりゃおじさんでもいっちょ買ったるかって、
なりますね(笑


因みに、税金\1000で自賠責保険料¥7280ですから。


さて、そんな電動バイク(スクーター)ですが加速性能など
においてはガソリンエンジン車と比較しても遜色ないようですが
最高出力がガソリン車と比べて最高出力で半分以下なため登坂性能
や最高速度の面では劣るとされています。
(ガソリン車の最高出力約3kwに比べて電動機の場合1.5kw以下)


更に致命的なのが後続距離です。

電動バイクの場合小型のもので1回の充電で40km前後!
もし、充電場所が無かったらと思うと遠出は?ですね。



やばいよやばいよ〜の場合



さて出川のてっちゃんが跨る電動バイクですが
ヤマハの「E-Vino」というもの。

もともと同形式でエンジンものもあるようですが
外観で唯一違うのはマフラーが無いことぐらい。

その御蔭かは知りませんが、通常はバッテリーの持ちをよくするために
車重を軽くするのですが、ガソリン車をベースにしているため
収納スペースが拡大。



e-Vinoその1.jpg



ここには予備バッテリーが収納できるようです。
(メーカー希望価格¥59,400)


そして、バッテリーを取り外しできる仕様にしたことで使い勝手は
以上に良いそうです。



e-Vinoその2 .jpg


番組内でも度々目にしますが後続距離が短いのがネックですね。

1回の充電で20kmが精々のようです。


因みにメーカーのカタログによると

・車重:68kg

・定格出力:0.58kw。

・最高出力:1.2kw(1.6ps)

・満充電での走行可能距離:29km

・充電時間:約3時間

・最高速度:35km(標準モードの場合)

これ、あくまでカタログ上の数値。

実際に体重が55kgの人が「標準」モードで時速30kmで走行した場合
はカタログ以下の数値になるようです。

番組内でも度々バッテリー残量が話題になっているようですが
残量気にせず走れる距離は10km〜15kmと考えて置くべきでしょう。



まとめ



こうしてみると一番の問題はバッテリーの性能ですね。

これは電動バイク全般に言える事でしょうが。


バッテリー充電用の小型エンジンでも積んだハイブリッドバイク
でも誕生すれば人気も上がるかと思いますが。



毎日乗る距離が片道5〜10km、自宅から駅までの通勤に
利用するとかですとE-vino で快適に乗れるはず。


購入時にはクリーンエネルギー自動車導入促進対策補助金
として26,000円が補助されるようですが。

ランニングコストを考えたらエンジン車と比べ絶対オトクなんですが
利用目的を間違えると高い出費になりそうですね。










-->
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top