ホーム » 団塊世代の資格取得 » 行政試験と就職

行政試験と就職

行政書士試験の受験者を年齢別に見てみますと、50代、60代でも多くの人が受験していることがわかります。

これはどういう理由なのでしょうか。

行政書士試験で合格することによって、再就職が有利になるとか、仕事の幅を広げることができると言ったことが考えられます。

そのために行政書士試験を受験しようと考えている人が多いのです。

定年間近になってから勉強を始めることは大変かもしれませんが、それはやる気次第だと考えていいでしょう。

就職をするために資格を取ろうと考えること自体が、とても素晴らしいことではないでしょうか。

どのような資格が就職に有利になるかを考えてみることも大事です。

そのような観点から考えると、行政書士試験はあまり役に立たないと言われています。

それは税理士や公認会計士がいる事務所では、すでに行政書士の資格を持っている人がいるという現実があるからです。

しかし、一人で行政書士をやっている場合であればそのサポート要員を募集しているというケースも少なくないようです。

いずれにしても、就職するためには資格を持っている方が有利になります。

その資格を持つことによって、業務の幅が広がるからです。

若い年代の就職事情と、中高年になってからの就職事情は大きく変わっているでしょう。

しかし、どちらも資格を持っている方が重宝がられます。

行政書士試験は合格率も低く、難易度のレベルは高くなっています。

この資格を持っているということが、やる気の表れだと評価してくれるような職場を探すこともいいかもしれませんね。


-->

団塊世代の資格取得に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top