ホーム » 失業保険 » いろいろな失業保険続き

いろいろな失業保険続き

では、どんなケースの場合、その手当てがもらえるのでしょうか?

失業していなくても「失業保険」の手当てがもらえると言う、そのケースをご紹介しましょう。


ここで、その例をあげてみますと、例えば、赤ちゃんの面度を見るために、育児休暇を取った場合がそれにあたります。

また、親などの家族が寝たきりだったり、怪我をしたり、家族の介護をしなければならないとき、

介護休暇を取ると思いますが、これも手当てが支払われます。

このような目的で休業したとき、休業期間に支給される給付金、これらも言って見れば、失業保険なのです。


また、厚生労働省が認めた教育講座などを受けると、かかった費用の一部をもらうことが出来ます。

これは、教育訓練給付と言います。

自分のスキルアップになりながら、費用も補助してもらえるなんて、とても良い制度だと思います。


また、60歳以上の方を対象として、賃金が安くなってしまったとき、一部を補完してくれる制度もあります。

これは、高年齢雇用継続給付と言います。

また、失業保険を一定の数以上、残し、再就職した場合も、もらえるお金があります。

言って見れば、再就職の「お祝い金」ですね。

これは再就職手当と呼ばれているものです。

このように、失業手当と呼ばれている中でも、その種類はいくつかあります。

再就職手当や、就業手当、それから、育児休業給付、また、育児休業職場復帰給付金や介護休業給付、

そして、教育訓練給付に高年齢雇用継続給付と言うものがあるのです。



-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。