ホーム » 最新ニュース

1 2 3 4 5 .. 次のページ »

?で、でたーw 栄和人奴?www





今朝テレビを見ていたら、何となしに聞こえてきたのが
これ。


五輪4連覇・女子レスリング伊調馨が独占告白!
強化本部長による「陰湿パワハラ」

その人物とは栄和人強化本部長!


2016年のリオ五輪で4連覇を達成し、国民栄誉賞に輝いた
女子レスリングの伊調馨(33)。週刊文春の直撃取材に応じ
栄和人強化本部長(57)に対する複雑な心境を語った。


既に1月18日、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出。
だが、内閣府は現在にに至るまで動きが無いという。






伊調馨へのパワハラの内容とは



告発状に記されていたのは、協会の本部長である
栄氏による伊調馨に対する"パワハラ”。

その内容とは、
「伊調が師事する田南部力コーチ(42)に対する不当な圧力」
「伊調の男子合宿柄の参加禁止」
「彼女がリオ五輪まで練習拠点とした警視庁レスリングクラブ
への”出禁”処分」

といった3点。


栄氏といえば、記憶にあるのが吉田沙保里選手が五輪で優勝した
時に肩車したスキンヘッドの親父。
くらいの記憶しかありませんが、もし伊調馨選手へのパワハラ
が事実であればとんでもないこと。

吉田沙保里選手がリオでは銀メダルに終わってしまったことが
伊調馨選手へのパワハラに影響してるのでしょうか?



文春砲の伊調馨選手への直撃取材


30分の単独取材で分かったことが以下。
東京五輪が2年後に迫っているなか、5連覇に向け練習も
ままならない状況だという。

「練習……そうですね、自分が求めていけば、
練習させてくれるところはたくさんあると思うんですけど、
私が(練習に)行ったことで、栄監督による圧力が周りの方に
かかるというのはちょっと懸念している部分ではあるので。
うーん、『来て欲しい』って言って下さる方はたくさんいるんですけど、
『私が行ったらどうなるのかな』って……」



――練習したくても練習場に行けない状況なのか。
「現役を続けるとなると、栄体制の元でやるしかないので、
また色んなことを我慢しながらやっていくとなると……。
朝練とか午後練も練習環境がしっかり整わないと、
なかなか腹をくくれない部分があります」





栄氏の反応は?


この告発に対して栄氏は当然ながら伊調馨選手のパワハラの
事実を全面否定。

「(東京五輪に)出たければ出ればいいだけの話」
とそっけない。


やはり、吉田沙保里選手が4連覇できなかったことが影響
してるのかな。

伊調馨選手もこれまでずっと我慢してきたが、ついに堪忍袋
の緒が切れたのかな。

でも伊調馨選手の後ろ盾が無いのが気にかかる。


ハゲの目的は何なんでしょう\(^o^)/


こういった狭い世界で権力を持つと碌なことが起きない
という見本。


相撲協会しかり柔道協会しかり。。。。。


こうなると、伊調馨選手は東京五輪に出場するのか
危ぶまれますね。










-->
タグ /

区立泰明小学校アルマーニの標準服を採用!!


区立泰明小学校が標準服導入で揺れています。










区立泰明小学校とは



そもそも泰明小学校とはどんな小学校なんでしょう。


創立は明治11年

東京では一番古い小学校と記憶があるがどうなんだろう。


銀座の一等地に小学校があるなんて素人目には考えにくいのですが
周りの建物や景観に合わせて小学校としては最高の費用と材料
を使用して建築したようです。

今年で140周年を迎える由緒正しい小学校です。




明治45年にモダンな円筒型ホールのついた2代目校舎が竣工。
震災復興の昭和4年に外堀通りが拡幅整備され一連の区画整理工事
に合わせて原稿のコンクリート校舎が完成。


アーチ型の窓が特徴なんでしょうか。

泰明小学校の特筆すべき点は小学校としては破格な設備に
あるのでは。

とくに医務室はちょっとした病院くらいの医療器械があって
体の弱い子供や皮膚病の子供は太陽灯(紫外線照射?)を
定期的に照射し治療していたという。

更に泰明小学校児童の特徴を上げると
1:機敏にして世才に長け明朗なり
2:温和優美にして上品なり
3:身体著しく弱く耐久性に乏しい
4:剛健の気風少なく独立心に欠くるものあり
5:打算的投機的心情に支配されやすい。
(昭和12年の60周年誌)

これ読むと医療施設が充実していた理由が頷けます\(^o^)/
要は、虚弱なお坊ちゃんお嬢ちゃんが多かったということ?

現在もこのとうりなんでしょうか?


因みに気になる卒業生を上げて見ると
近衛文麿、金子光晴、岡田嘉子、歌舞伎役者で「カフェー・プランタン」松山省三
の息子でもあった河原崎國太郎、資生堂の福原信三、慶應大学教授で「天金」の
池田弥三郎、さらに加藤武、朝丘雪路、中山千夏、新橋売れっ子芸妓のまり千代……と、そうそうたる面々が並ぶ。




区立泰明小学校が炎上



さてさて、そんな由緒正しい泰明小学校が今話題に挙げられています。

今春入学する1年生から、新しい制服に切り替えるのですが
これがなんとイタリアの高級ブランド「アルマーニ」に依頼して
デザインを監修したものだという。

お値段なんと!9万円!!






いままでの標準服だと全部揃えても男子で17755円
女子で19277円。


傍目に見ても親の負担が大変。
子供に罪は無いがこれでは「子供が置き去りにされている」
と言われても仕方あるまい。

しかも、公立小学校でです。


問題はその価格だけではありません。
高級ブランドの服を小さいこどもに着せる事自体問題です。

子供にブランドの価値がわかる訳でも無いのに。


しかも、何故アルマーニにデザインを監修させたのか
その経緯さえも公にされていないとのこと。

入学希望者の保護者に初めて新しい標準服に変えると説明
したのが2017年9月22日。

校長の説明は
「時代の変化を体感させつつ、泰明小学校の児童であるという
アイデンティティーを育成していくための一環」

「これまでの歴史や電灯を守りつつ、小学校での『英語教育の導入』
や、『地域との密接な連携』という新しい教育プログラムの
導入と並行して行われていく泰明小学校の新しい時代に向けた変化
であり、進化でもある」

「学校とは学問だけでなく、倫理的な考え方や、集団生活でのあり方
も同時に学ぶ場であると考えている。『服育』という考えに基づき
装うものからも学びの機会を得てもらいたい」


『服育』なんて言葉初めて聞きました。


なんかこれだけの説明では納得出来ませんね。


全て和田校長単独で決めた事のようです。

和田校長にどれだけ洋服のセンスがあるかわかりませんが
「標準服は各校の教員やPTA、保護者など、いろんな人が関わり
決めていくべきもの。卒業生などが幅広くデザインや価格について
よく話し合って決めるもの」
という中央区教育委員会の指針に反するものではないのか。

もしかしたら、裏の取引があったのでは?
と勘ぐりたくもなります。




保護者の反応は



・「価格が高い」
・「兄弟がいるので負担が大変」
・「これまでの決定にいたるまでの説明が不足している。
・「そもそも変更の理由が理解出来ない」


全てが校長の一存で決められてしまった事は事実。
しかも、公立小学校でありながら、高価格なブランド品
を標準服に決めてしまったことの妥当性。


一度もアルマーニの服に袖を通したことが無い親もいる中
保護者としてはやりきれんでしょう。



和田校長、今頃つけ麺たべてるのかな\(^o^)/





-->

アマゾンが日本のスーパー・小売店を席巻する!!





今回は最近思いついた事を書いて見ました。


通販最大手のアマゾンが日本でも快進撃を続けているそうです。

2016年度の売上高が円ベースで1兆円!!を突破
アマゾン一強時代がやってくることは間違いないでしょう。

これに対抗する日本企業は戦々恐々としていることでしょう。

お客様が購入した商品を満足いく状態で指定した期日に届く。
(アマゾンのポリシーかな???)


なんと言っても自宅にいながら好きな商品が翌日(最短では当日)
届くという便利さが受けているようです。


かく言う私もアマゾン大好き人間です。
日用品から家電まで揃わないものは無いと言うほどですから。



このロゴマークがそれを象徴しています。
この→がそれを表現しています。
(意味を知りたい方は調べてね)

amazon-logo_JP_transparent.png


ここまで最短でオーダーしたものが届く裏には
卓越した物流システムが可能にしているわけです。


最近でこそ、アマゾンのマネ?をした小売店が多く
出現していますがさらに商品の入荷から仕分け・棚入れ保管
ピック・パッキング・出荷までのの一連の作業ノウハウが全ての
小売店を上回っていると言っても過言では無いでしょう。

この一連のシステムこそがアマゾンの強みなんです。




アマゾン一強時代の到来



つい先日2017年12月期決算が発表されました。

売上高と最終利益が過去最高を更新したようです。

その影で米国の小売業界は閉店ラッシュ。
調査会社によると2017年は約7000店舗が閉店。

これは過去最高だそう。


さらに、最近では医療サービスに進出するという。


こうしたアマゾンの動向が米産業界だけではなく
我が国日本の小売業界にも大きな影響を与える事は必須。





アマゾンってどんな会社



ここからがある意味本題

そんな一強時代到来のアマゾンですが、その裏側に潜入です。



結論から言うと、アマゾンはあくまで商品を購入するには
超便利。

私も便利だから使うのです。


特に、重量物である洗剤やペットフード飲料水などは女性や
体の弱いお年寄りにとっては大変ありがたい。


私も今後も継続して重量物や嵩張るものについてはアマゾン
を利用するでしょう。


でも、その裏側では過酷な労働を強いられている人達がいるのです。

便利さの裏側では犠牲がつきもの。




どんなに機械化が進んでも最終的な判断はあくまで人間。

現場では生産性という名のプレッシャーが常に働く人間を抑えつけます。


特に、ピックから始まるアウトの人間は安い時給にも関わらず
徹底的に数字でコントロールされます。


安い賃金・過酷な労働ですから精神的にも体力的にも耐えられない人間は
自ずと辞めていきます。


早い人で採用の翌日。
1ヶ月も勤めればベテランですから\(^o^)/


ですから、常に募集しています。

こんな職場に1年以上働いている人は敬服に値します。


でも考え方によっては、人と接する訳でも無いし自分一人で黙々と作業
するのに向いている人にとっては逆に働きやすい職場かも知れません。

ある意味お勧めですね。





まとめ



外資系企業だけあって徹底的に数字でコントロールされます。

ですから、数字に疎いひとは苦労するかも知れませんね。

あくまで、アマゾン社員として働いた場合ですが。


日本の小売業界がアマゾンの進出に恐怖を抱いているとしたら
逆に自分たちの仕事のやり方を考え直すいい機会であるかと思います。


これからは数字に強い会社が生き残るんでしょうね。

ユニクロしかりZOZOTOWNしかり。


毎日何万個という商品を発注出来るのも数字の裏付けがあってからこそ
出来るわけですし。


とは言っても、アンチアマゾン派も多いと聞きます。

我が国の小売業界の巻き返しを見てみたいと思います。



次回、機会があればアマゾンの裏側を更にアップしたいと思います。





-->
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。