ホーム » 団塊世代の転職応援隊

あがり症の悩みを一気に解決する秘策とは?

え?

また大事なプレゼンで大失敗したのですか?

もういい加減、あがり症で悔しい思いを
するのは終わりにしませんか?

人前で自分の言いたことをしっかり伝えることが
できなければ、社会で評価されることはないのです。

・薬で治す
・お守りもを持つ
・カウンセリングを受ける

薬には、副作用があり、本番で頭が真っ白になる危険性があります。
お守りは、気休めにしかなりません。
カウンセリングは、その場では効果があるかもれませんが、
根本的な解決法でありません。


では、どうやってあがり症を克服するのか?

「あがり症の悩みを一気に解決する秘策」が
こちらに公開しています。

↓ ↓ ↓ ↓

【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)



なぜ、「秘策」とまでいえるのか?

それは、この方法を開発した方は、
話し方のベストセラー作家であり、
36年間で65089人のあがり症の方を
救ってきた正真正銘の方法だからです。

しかも、たった28日間であがり症を
根本的に治すことができる方法なのです。

その証拠に多くの実践者の声が届いています。

↓ ↓ ↓ ↓

【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)


いかがでしょうか?

これで、実際にあがり症を克服した
多くの実践者と同じように、
あなたも、今すぐこの方法を実践して
あがり症の悩みから解放されませんか?


「でも、自分にもできるかな…」

そう不安に思うかもしれませんが、
ご安心ください。

この方法はいたってシンプル。

たった4つのステップをそのとおりに
実行するだけで、あがり症を克服できてしまうのです。

あなたもあがり症を最短で克服する
4つのステップを知って、人前で堂々と話し、
自信を取り戻しませんか?

たった28日であがり症を克服するプロの方法は、
こちらに詳しく書いてあります。

↓ ↓ ↓ ↓



-->
タグ / あがり症

求人検索のコツ!

勤めたい求人情報を狙い通りに探せるかが、求人検索では重要ポイントです。
自由な言葉を入力して検索をするタイプの求人は、コツを知るかどうかで見つかり方が違います。


検索した結果、求人情報がたくさん出すぎたら言葉を増やし、言葉の条件に合う求人がほとんどない時は言葉の一部や1文字を入れます。


検索では、場所、仕事の内容、業種など希望内容に沿って調べられます。


ハローワークの検索サービスから求人検索をかける時は、類義語検索のチェックボックスにチェックを入れます。


類義語検索にチェックが入っていなければ、半角で入力したか、全角で入力したかというだけでも区別されてしまうのです。


AND検索というやり方での検索も把握しておけば、求人探しがずっと楽になるでしょう。


検索をかける時に、AND検索ができるようにしておけば、どちらの言葉も入っている求人が探せます。


未経験の仕事を探したい時は、若年トライアルありの仕事がお勧めです。


若年者トライアルとは、職業経験が不足している人を試験的に雇い入れている会社に対して助成金を出すというもので、経験がなくても採用可能性があります。



検索をする時、自分の年齢より若く検索するという方法もあります。いい求人があれば、年齢制限を超えても応募ができるかハローワークで相談してみましょう。

-->

団塊世代の転職 書類選考突破の秘訣とは?

転職における書類選考突破の秘訣とは?

 

まず希望する企業へ書類を送って選考試験にパスすることが第一の関門です

この場合の書類とは「履歴書」と「職務経歴書」ですね

 

まず「履歴書」ですが、基本は市販されているJIS規格の「履歴書」を使うことを原則にしてください。パソコンの普及で独自の書式で「履歴書」を作成する人もいますが、一般には採用担当者の評価は芳しくないようです。

 

で、「履歴書」を具体的に記入していく上での注意点ですが以下の点に注意してください

・「手書き」の履歴書が好まれるため、原則手書きで丁寧に記入する

・「手書き」に自身のない人は、パソコンを活用する

・日付に記載もれや誤字脱字のミスをしない

・小さすぎる文字は印象が悪い。パソコンで作成する場合は12ポイント以上にする

・Eメールアドレスも記入する

・履歴書を書く項目は、空白を作らない

・書き上げたら家族や知人に見てもらい、意味が通じる文面に修正する

 

では以上の項目ごとの留意点を見てみると

1:魅力的な写真を貼る

・出費を避けて自身で撮ったと思われる写真は現金

・悪い人相を感じさせる写真は避ける。真面目な印象を与える写真を撮る

・明るい顔をアップで撮り、積極性をアピールする

・濃い色のスーツが基本

 

2:学歴

・「入学」「卒業」の2行で終わらせず、「〇〇ゼミで中小企業論を研究」「高校2年時に簿記2級を取得」などのアピールポイントを入れる

・中途退学の場合は、その理由を書く。例えば「〇〇をするため退学」と目的を明確にすることで悪印象から逃れられる

・大卒の場合は「卒業論文」のテーマを記入するとよい

 

3:職歴

・「履歴書」では主なアピールポイントを打ち出す(経歴は次回の「職務経歴書」のテーマで詳しく述べます)

・配属先だけでなく役職も記入する

・難しいキャリアを克服している「努力家」「誠実さ」をアピールする

 

4:免許・資格

・普通自動車免許など、取得している免許・資格は基本的に全て記入する

・略さないで正式な名称を記入する

・取得年月日も忘れないように記入する

・現在、取得を目指して勉強中の資格などについてもその旨を記入する

 

5:その他

・志望動機について、なぜこの会社と仕事を選んだのかを、自分の言葉で伝える

・本人希望欄については、希望職種や勤務地が複数の場合など明確に記入する

・自分の得意領域をハッキリ記載する

・人脈や情報網も履歴書に記載する

 

 

ざっと以上の点を参考にして「履歴書」を作成するとよいでしょう。

 

次回では「職務経歴書」について述べて見たいと思います。

-->
タグ /

Return to page top