ホーム » 団塊世代の資格取得

行政書士試験と資格

世の中は資格ブームです。

資格を取ることが就職においては大事なことだとテレビでも宣伝しているからでしょうか。

多くの人が持っているような資格であれば、あまり価値は高くありません。

また、難易度は高くても実際の仕事には役立たない資格もあります。

行政書士試験に合格して、行政書士の資格を取った時に就職に有利になるのでしょうか。

まず、行政書士の資格がなければできない業務と言うものが法律で決められています。

ですから、その業務を行っている企業では、すでに行政書士の資格を持っている人がいるはずなのです。

あなたがいなければ業務が進まないと言う状況になることはないでしょう。

しかし、行政書士の仕事は誰にでも任せられませんから、

資格を持っていることでだんだんと仕事を任せてもらえるようになる可能性は高いのです。

資格がなければ任せること自体が不可能なのです。

資格を持っていることですぐに仕事に役立つと考えてはいけません。

世の中はそれほど甘くないからです。

行政書士試験のメリットは一度資格を取ってしまえば、それが一生通用する点です。

将来の職業がまだ決まっていないのであれば、いろいろな資格を取得することがいいでしょう。

それがいつか思いがけず役に立つ日が来るかもしれません。

目先のことだけを考えて、資格を取ることはあまりお勧めしません。

もっと長い目で自分の仕事を考えてください。

そうすることによって、自分に合った資格が見えて来るかもしれません。


また、仕事をしながら別の資格にチャレンジすると言うこともいいのではないでしょうか。




-->

行政試験と就職

行政書士試験の受験者を年齢別に見てみますと、50代、60代でも多くの人が受験していることがわかります。

これはどういう理由なのでしょうか。

行政書士試験で合格することによって、再就職が有利になるとか、仕事の幅を広げることができると言ったことが考えられます。

そのために行政書士試験を受験しようと考えている人が多いのです。

定年間近になってから勉強を始めることは大変かもしれませんが、それはやる気次第だと考えていいでしょう。

就職をするために資格を取ろうと考えること自体が、とても素晴らしいことではないでしょうか。

どのような資格が就職に有利になるかを考えてみることも大事です。

そのような観点から考えると、行政書士試験はあまり役に立たないと言われています。

それは税理士や公認会計士がいる事務所では、すでに行政書士の資格を持っている人がいるという現実があるからです。

しかし、一人で行政書士をやっている場合であればそのサポート要員を募集しているというケースも少なくないようです。

いずれにしても、就職するためには資格を持っている方が有利になります。

その資格を持つことによって、業務の幅が広がるからです。

若い年代の就職事情と、中高年になってからの就職事情は大きく変わっているでしょう。

しかし、どちらも資格を持っている方が重宝がられます。

行政書士試験は合格率も低く、難易度のレベルは高くなっています。

この資格を持っているということが、やる気の表れだと評価してくれるような職場を探すこともいいかもしれませんね。


-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。