ホーム » 失業保険

失業保険の受給資格

基本的には、失業保険は受給条件を満たしていない限りは受け取る事はできません。

ただ、あくまでも失業した人への支援なので、失業状態にある人には大きな問題がない限りは支給されるよう、
その条件は決して厳しくはないように設定されています。

よって、自分がもらえるとは思わないと諦めず、まずは受給資格について詳しく知っておきましょう。



失業保険の受給資格について学ぶ場合、まず雇用保険法に関して知っておくべき点があります。

法律を勉強する必要はありません。

2007年10月1日に改訂版が施行されたという事だけ、まずは理解しておきましょう。

つまり、2007年10月1日以前の失業者と、以降の失業者では全く条件が異なるということです。

2007年に失業した人が今から手当を受け取りに行くというケースはまずないでしょうが、失業保険に関して調べる場合に、
その資料が2007年以前の物だと以前の方式を覚えてしまう事になるので、そこで注意が必要なのです。


では、2007年10月以降の失業保険受給資格についてみていきましょう。

まず、雇用保険に加入している事が条件となります。

基本手当を受け取るには、離職日以前の2年間で12ヶ月の被保険者期間が必須となります。

被保険者期間は、各月11日以上の賃金支払基礎日数、つまり賃金を支払う対象の日が必要です。

要は、ひと月の3分の1以上をしっかり働いているかどうかという事ですね。

この条件を満たした場合、被保険者期間、すなわち雇用保険を支払う義務が発生します。


かしこく貰う失業保険完全攻略マニュアル



-->

失業保険とは? 失業保険とは?その2

失業状態に陥った時、何を一番心配するかといえば、
当然今の生活を今後維持できるかどうかですね。


収入源が断たれてしまうわけですから、生活基盤の一番重要な部分を失ったという事になります。


貯金があれば、その貯金を切り崩していく事になるでしょう。


しかし、貯金が潤沢にある人ならともかく、そうでない人は長続きはしません。


まして都市圏に住んでいる人は、ひと月でかなりの額の生活費が消費されます。


貯金だけで長く生活を維持できるという人は、かなり稀でしょう。



失業保険は、そういった人たちの救済の為にある制度です。


基本的には、雇用保険の被保険者が失業状態に陥った際に、

次の新たな仕事を探し、再就職して生活を安定させる為の支援となります。


もっとシンプルに説明すると、会社を辞めた時にもらえる一時手当です。



失業保険を受給するには、失業状態である必要があります。


よって、単純に会社を辞めた、というだけではもらえません。


まず、仕事に就く明確な意思があるかどうかが重要です。


それがなければ、失業保険を受給する事はできません。



そんな失業保険には、4つの種類があります。

『求職者給付』、『雇用促進給付』、『就業促進給付』、『教育訓練給付』の4つです。


ここから更に枝分かれしています。


この中で一般的に失業保険と呼ばれる給付は、求職者給付の基本手当となります。


ただ、あくまで一般的という事であって、全ての人がそれを受け取るわけではなく、


それぞれの条件や環境によって給付される失業保険の種類が決定します。

-->

失業保険の「再就職手当」その2

その条件とは、「1年以上続いて確実に雇用される職業に就くこと」または、「自分で事業を始めること」とあります。

ですが、この事業を始めるというものは、ハローワークがその事業を認めたものだけですので、

どんな事業でも始めれば確実に再就職手当てがもらえるとは限りません。

さて、それから、この再就職手当てがもらえるか、どうかは、職業に就いた日がポイントになります。

就職した日の前日、その時点で失業保険の支給日数の残りが問題になってきます。

条件として、「所定日数の3分の1以上残っていること」があげられます。

更に、それが「45日以上であること」が条件となっています。


そして、職業に就いた日からさかのぼって、3年間、常用就職支度手当や、

再就職手当をもらっていないことも条件になります。

また、再就職先が、以前に働いていたところでないことも条件です。

と言う事は、会社をやめて、同じ会社にまた就職した場合は、手当てはもらえませんね。


それから、待機期間が終了した後に就職することも条件です。

これは、あまり知られていないことのようですが、失業保険を受ける以前に、

設定されている7日間と言う待機期間があります。

再就職手当を支給されるには、この7日間の待機期間が終わってから、就職していなければなりません。

事業を開始する人も同じく、7日間が過ぎていなければなりません。

これは失業保険のポイントとして、覚えておいたほうが良いですね。

すぐに就職するのも良いですが、もらえるものはきっちりもらっておきたいですからね。


-->

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。